船戸明里の激安通販サイト

            

Under the Rose (1) 冬の物語 バースコミックスデラックス

価格:810円 新品の出品:810円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:610円
カスタマーレビュー
19世紀英国。没落貴族の公爵家の娘・グレースは愛人のロウランド宅で謎の死を遂げた。彼女の息子ライナスとロレンスは実父・ロウランド伯爵に引き取られるが、ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった。
Under the Rose (1) 冬の物語 (バーズコミックス デラックス)

価格:900円 新品の出品: 中古品の出品:401円
コレクター商品の出品:200円
カスタマーレビュー
19世紀英国。没落貴族である侯爵家の娘・グレースは愛人のロウランド伯爵宅で謎の死を遂げた。彼女の息子ライナスとロレンスは実父のロウランド伯爵に引き取られるが、ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった――。
Under the Rose (3) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

価格:1,080円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:200円
カスタマーレビュー
19世紀英国、ヴィクトリア女王の時代。ロウランド伯爵家の子供たちの家庭教師に迎えられた牧師の娘・レイチェル。彼女を待ち受けていたのは、貴族の館での苦悩の日々だった。雇い主であるアーサー・ロウランド伯爵の愛人関係、次々に女中と関係する長男からの誘惑…。しかし、そんな試練もすべて神が自らに与えたものと受け止めたレイチェルは館の古い価値観に立ち向かい、しだいに教え子たちの心を開いていく。ただ一人の心を除いては――。
Under the Rose (4) 春の賛歌 (バースコミックスデラックス)

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:100円
カスタマーレビュー
「陵辱!家庭教師!編」です。毎年秋ごろ発売予定です。
Under the Rose (4) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

価格:1,026円 新品の出品: 中古品の出品:219円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
19世紀英国。貴族が貴族たりえた最後の時代。ロウランド伯爵家の貞潔な家庭教師レイチェル。彼女は、次男・ウィリアムの纏う暗く冷たい闇に絡めとられ、諍うかいもなく幾度も幾度も辱められる。背徳の罪に絶望し、闇から逃れるためにさらに深い暗黒の淵に没しようとするレイチェル。だが、彼女は知る。ロウランド家の闇は、ひとりウィリアムのみが纏うものではないということを――。
Under the Rose (3) 春の賛歌 バースコミックスデラックス

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:316円
カスタマーレビュー

Under the Rose 6―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー

Under the Rose (6) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

価格:626円 新品の出品: 中古品の出品:1,056円
コレクター商品の出品:2,998円
カスタマーレビュー
19世紀後期の英国。家庭教師レイチェルの発案による宴は、ロウランド伯爵家に、蜜のような懐かしくも甘い記憶を蘇らせた。やがて、宴は幕を閉じ、賓客は去りゆく。屋敷に訪れるのは、いつもと変わらぬ日常の筈であった。だが、投ぜられた一石は、波紋となって広がる。深窓に隠る女主人アンナの元までも……。
Under the Rose 5―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:316円
カスタマーレビュー
19世紀英国貴族の家庭を舞台に、ひたむきな人間たちのドラマを紡ぐ大人気ヴィクトリアン・ストーリー第5巻。大幅加筆修正あり!
Under the Rose (5) 春の賛歌 (バーズコミックス デラックス)

価格:626円 新品の出品: 中古品の出品:249円
コレクター商品の出品:1,959円
カスタマーレビュー
19世紀後期の英国。長期滞在の賓客を迎え賑わうロウランド伯爵家。臥せる女主人に代わって賓客をもてなす美しき家庭教師レイチェル。彼女の手によって、光あふれる庭には、さんざめく人々の集いと子供たちの笑い声が満ちる。それは、ウィリアムに忍従するしかなかった彼女を解き放っていく。幸福な情景にレイチェルは、雪間に萌す若芽のごとき微笑を浮かべるのであった。