ほりのぶゆきを通販で探してる?

            

東京お侍ランド(3) (ビッグコミックススペシャル)

価格:5,400円 新品の出品: 中古品の出品:7,824円
コレクター商品の出品:550円
カスタマーレビュー
モバイルサイト「モバ漫」で連載中のお侍4コマ第3集!今回もオールカラー!新撰組も龍馬もはては江まで登場!世相と時代を縦横無尽に斬りまくる!歴史にも時事問題にも強くなるから就活にさえ有効!もはや、歴史時事クロスオーバー漫画とさえ読んでくださいませ!さらなるゴッタ煮的ほり史観が炸裂だ!
東京お侍ランド 2 (ビッグコミックススペシャル)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,360円
カスタマーレビュー
歴女もにっこり!龍馬も出るぜよ!マゲ4コマ第2集!
東京お侍ランド(2) (ビッグコミックススペシャル)

価格:1,998円 新品の出品: 中古品の出品:1,200円
コレクター商品の出品:3,979円
カスタマーレビュー
モバイルサイト「モバ漫」で連載中のお侍4コマ第2集!今回もオールカラー!武蔵も龍馬も篤姫も登場で、世相と時代を縦横無尽に斬りまくる!歴史にも時事問題にも強くなるから就活にさえ有効!もはや、歴史時事クロスオーバー漫画とさえ読んでくださいませ!
王子と乞食 (Newton CLASSICS Illustrated)

価格:702円 新品の出品: 中古品の出品:392円
コレクター商品の出品:12,000円
カスタマーレビュー
アメリカで放送された傑作ラジオドラマを、そのままcdに収録。原作の抜粋ではなく,ラジオドラマとして完成された脚本なので、生き生きとした英語が魅力です。別冊に日本語全訳を収録。cd1枚付き(収録時間33分13秒)。イギリス、チューダー王朝のヘンリー8世の皇太子エドワードと貧民の子トム・キャンティは、他人でありながら、瓜二つのように似ていることに気づく。いたずらをして衣服を取り替えたために二人の地位が入れかわり、二人ともそれぞれに特異な体験を経て人間的に成長していく物語であるが、単に間違いによるおもしろさだけでなく、当時の社会の悪を見事にあばき、正義と人間愛を追求したドラマといえる。『トム・ソーヤーの冒険』のマーク・トウェインの名作をラジオドラマ化。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。
短篇集hi mi tsu ki chi ヒミツキチ (ビッグコミックススペシャル)

価格:1,404円 新品の出品:1,404円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,404円
カスタマーレビュー
漫画家、作家、写真家…突出した才能の傑物たちが、それぞれの表現で創りあげた唯一無二の「秘密基地」。奇蹟の短編集。収録作家:川上弘美、大友克洋、高野文子、すぎむらしんいち、畑中純、山本直樹ほか多数。
脱出迷路

価格:1,404円 新品の出品:1,404円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,200円
カスタマーレビュー
赤いトンネルを抜け、“首夢”の世界に迷いこんだ女子高生・凪浜そよか。「おまえは呪われた。おまえが死ぬまで残り寿命…」連続して与えられる不可解なミッション。失敗すれば死が訪れる、容赦ない残酷なゲーム。クリアできなかった者が次々と死んでいくのを目の当たりにしながらも、そこで出会った仲間とともに、敢然と立ち向かうそよか。果たして、逃げ切れるのか?そして、いったい誰が、なんのためにこんな呪いを―。
もののふの記 (ビッグコミックス)

価格:2,592円 新品の出品: 中古品の出品:1,980円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー
商業誌デビュー作『もののふの記』から『痛快!スーツ侍』までの、さまざまなマゲものを集めた…本家ちょんまげ漫画!! 作者自身に「…よく当時はこれでよしとしたね、世間も私自身も。」とまで言わしめた勢いで描いてしまったお侍漫画の数々。スピリッツ増刊や単行本、その他各社からの漫画を集めて、300ページを超える大ボリュームで読めてしまうショート集!
もののふの記から痛快!スーツ侍までのさまざまなマゲもの (ビッグコミックススペシャル)

価格:700円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:7,000円
カスタマーレビュー
著者最初の単行本の内容を中心に“髷もの”をセレクト。これを読めば、アナタの脳髄まで叩き斬られること間違いなし!!
荒川道場 (バンブー・コミックス)

価格:648円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー

月刊ねこだのみ vol.10(2016年9月23日発売) [雑誌]

価格:700円 新品の出品: 中古品の出品:115円
コレクター商品の出品:5,999円
カスタマーレビュー
巻頭は小学館・初登場&初・描きおろしの樹崎聖先生。自分の体験を漫画にした「孤高のライデン」。胸キュンのいいお話です。猫の動きがリアルです。もう一つビッグな描きおろしは近藤ようこ先生の「月夜の旅」。それに加えて、連載描きおろしの『にゃんでい』、『ぴいぼっち』『里親捜し』『言うほどみんな猫が好きかというとちょっとギモンである』もますますパワーアップ。「からかい上手の高木さん」が大ヒット中の山本崇一朗先生の「買い食い」。そして、ついに登場「闇に浮かぶ猫」の篠原千絵先生51ページのボリュームで読み応えあり。「みずほ草紙」の花輪和一先生の「猫の経立」は、懐かしくてちょい怖い世界です。ロマンスコミックでおなじみの小林博美先生のエッセイ漫画「猫バカ一代記」。「浮浪雲」のジョージ秋山先生の「秋深し」は、お花と猫のかわいいお話。「獣医ドリトル」は前号からの「暴力獣医師・花菱優!?」の後編。「ミル」の手原和憲